外壁塗装の養生は大切

 塗装工事の工程の中で「養生」と言われる工程があります。
この工程はいったいどのようなものでしょうか?

 

 養生は塗装しない部分の保護を目的として行う塗装工程の一つです。

外壁塗装工事を行うときに、窓枠や見切り縁などに養生シートを被せることによって、塗装面以外への塗料の付着や塗料が垂れてしまうことを塗装工事前から防止し、塗装の仕上がりを決定付けます。


養生テープ
 一般的によく使われるのは薄めのビニールシートと養生テープです。また、仮設足場に架けるシートも周辺への塗料の飛びつきを防止する効果がありますので、見積にしっかり入っているか確認をしておきたいところです。


 

 

 一見すると施工に難しさは感じないかもしれませんが、真っ直ぐに養生テープを貼ることは塗装職人の間でも技術を図る目安となっているらしいです。その理由は、塗装工事が終わり養生シートを剥がしたとき、塗装面と養生面の境目がきれいな一直線であることが、良い養生であると言われています。

 

 養生を行う部分としては、軒と外壁、窓枠と外壁、水切り板金や霧除けと外壁が多く養生されていますが、この部分の養生具合は実際の塗装工事中にしっかりと確認したいところです。
意識しないとなかなか気が付きにくい部分ですが、そのような細かい部分までしっかり養生を行い、仕上がりがしっかりしている塗装業者であれば信頼できるのではないでしょうか。

 

 また、建物の塗装面以外にも養生が必要になってくる部分があります。例えば植木や車、犬小屋などの建物の外にあるものです。

大切に育ててきた植木、草花に塗料が付着して切ることになってしまった。塗装工事を依頼したが、車に塗料が飛んでいて不快な思いをした。
どちらも外壁や屋根の塗装工事中に発生しやすいケースです。養生をするとこのようなトラブルも防げますので、塗装孤児の見積りをもらった時や工事中に養生の範囲の確認を忘れないようにしましょう。
塗装工事で養生を行うときには、どこまでが養生の範囲なのか確認を忘れないようにしましょう。


 養生で注意したいポイントを。
建物を養生シートで保護しているときに、ガス給湯器がある場合は注意してください。
その部分を密封してしまうと、本来外に出るはずの一酸化炭素が室内に籠ってしまい、一酸化炭素中毒を引き起こしてしまう恐れがあります。
密封してはいけない部分は予め通気出来るように穴開けておきましょう。

屋根や外壁の塗装工事は一度塗装してしまうと、次の塗装が数年後になります。
仕上がりのキレイな塗装工事で満足のいくリフォームにすることが大切ではないでしょうか。


 外壁塗装の仕上がりは養生でだいぶ左右されます。
養生がうまい外壁塗装やさんに外壁塗装をお願いしたいですね。

 地域密着の塗装やさんをインターネットで探すなら、地域名を入れて検索します。 たとえば、柏の外壁塗装専門店なら、「外壁塗装 柏」で検索してみると良いでしょう。